FC2ブログ
おハルとアンコ、そしてその母ヨシコの日々。。。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/18
2006 Sun
「子どもといっしょにハッピータイム」
子どもといっしょにハッピータイム 子どもといっしょにハッピータイム
吉沢 深雪 (2004/04/23)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


ワタシは月に1度、本を大量買いする。
(大量、って言っても4、5冊ね。。。)
最近は育児書が主なんだけど
ほんといろんなのがあって選ぶのすっごく楽しい!!

この本は先月買ったものなんだけど
ナカナカ良かったよー☆

主婦ってほんとやることが山積みで、
仕事はキリがないくらいにある。

しかも、やることが溜まっているときに限って
子供の機嫌が悪かったりするし。。。

でも全部が全部、しなきゃいけない「用事」だと考えないで
「子供と一緒に楽しむための時間」だと思ったら
気持ちが何倍も楽になるんじゃないかな。
そう思えるアイディアをたくさん紹介してくれたり。。。

「疲れたときはがんばらない」
とか
「ダメママだっていいじゃない」
とか、誰も言ってくれないような、元気になる言葉をくれたり。。。
(やさし~いパパがいる人には必要ないかもしれんけど^^ゞ)

手作りの雑貨や、簡単な料理も少し紹介してくれてマス♪

ワタシが考えているより早いスピードで
おハルはどんどん成長してる。
特に2歳になってから、すごい!!
いろんなことができだして、いろんなことを理解している。

お手伝いとか、まだまだ先の気がしてたけど
もしかしたら一緒にできること
もっともっといっぱいあるかもしれない。

まぁ実際自分一人でやるより時間がかかるだろうし、
失敗することもあるだろうけど。。。
それもおハルとの思い出として楽しめたら。。。
いいな~o(*^▽^*)o~♪

そう思えた本でした♪

まぁこういう育児書は、そのときは「うんうん、そうそう!!」
って思っても、実際なかなかその通りにはいかないことが多い。

それに、やっぱり育児には正解・不正解がないから
育児書どおりにやらなくちゃいけないとかでもない。

いろんな人の考えを入れつつ、自分なりの育児法を見つけることが
大事だと思うなぁ。

こういう本を呼んだり、人と話をしたり、
いろんな知識を得ることで自分の育児に自信が持てたりするしね。

まぁこういったワタシの意見も
道端歩いてるおばちゃんの独り言だと思って
聞き流してちょーだい(´ε`)~♪

↓今日のオマケ☆
スポンサーサイト
06/10
2006 Sat
北斗晶の人生相談
昨日の朝、パパが仕事へ行こうとすると
ワタシに
「バイバーイ!!」
と言い
「おハルも行く~!!」
とパパの後をついていくおハル。
パパにしがみついたので、ワタシが抱っこして離そうとすると、
「い~やぁ~~(≧д≦)」
と全身で抵抗する。。。

こんなの初めてだぁ!!!

パパはちょっと困ったような、嬉しいような。。。
そんな表情で仕事へ行きました♪

おハルは、パパが行ったらケロッとしてたんだけどね(^^ゞ


ところで

ワタシの愛読書は主婦の友「ESSE」。
毎月欠かさず読んでマス。

その中でも「北斗晶のパワフル人生相談」というコーナーが好き!
タイトルのとおり、鬼嫁で有名な北斗晶さんが
いろんな人の相談にのるんだけど、
その回答に私はいつもハッ!(`ロ´;)とさせられるのだ。

主婦の相談と言えば、だいたいが決まっていて、
夫や姑に対する愚痴、子供に対する不安や焦りの内容がほとんど。

ワタシも相談について、「あーわかるわ。」と思うこともしょっちゅう。

晶姉さん(←呼び方勝手に変えてます。。。)はね、
よく「あなたはどうなの?」という。

人のこととやかく言う前に、あなた自身は努力してるのか、と。。。

もちろん努力して、これ以上できないというくらい精一杯のことをして
それでもダメだという人もいると思う。
でも少なくともワタシは違う。

ワタシがパパのこと、精一杯労わってあげれていないのに、
パパが少し不機嫌になったり、ワタシに文句を言うと
「ぷっつーん」
とキレる。

ワタシがおハルに充分構ってあげれてないのに
おハルが友達に意地悪したり、変な行動をすると
どうしてそんなことするんだろう。。。と不安になる。

人のこととやかく言う前に、もっと自分に厳しくなろう。
まず、自分を変えてみよう。

この人達は、意味があってこんな行動をしてるのだ。
ワタシに対するメッセージなのかも。。。

そう思うと、不思議とパパにもおハルにも腹が立たない。

今のところ、ね!!
05/12
2006 Fri
好きな本 その1
**こども**
文:はまだ まさよ
絵:はたけなか ちえこ


この本は、私が妊娠したときに友達がプレゼントしてくれたもの。
最初はやっぱり、自分がちゃんと母親になれるかどうか不安があったんだけど、この本にはすごく勇気付けられた。

イラストもとってもかわいくて、絵本のようで読みやすい。

この本を読むと、育児はひととおりじゃないって本当に思う。
育児書どおりにはいかないし、周りの子供を見ても自分の子供と全然違う。そういうとき焦ったり不安になったりするけど、違うことって全然悪いことじゃなくて、当たり前のこと。
自分がみんなと違う部分があるように、子供もそれぞれ違うのが当たり前なのよね。
不安がらずに愛情たっぷりに育てれば、子供も愛情あふれる人間に成長していくんだと思う。

それと、子供の目線になって考えることって大事。
そうすると分からないことがいろいろ見えてくる。
おハルとちゃんと向き合って、一緒に成長していきたいな。

子育てに行き詰ったとき、つらくなったとき、読むと元気になれる

私の宝物。

大切な人に子供ができたとき、私もプレゼントしたいな。
copylight © おハルとアンコのおいたち. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。